昨年10月に現役を引退した今村豊氏(59)が、新設のボートレース殿堂入り第1号に認定され、表彰式が23日、東京・SIX WAKE 六本木で行われた。小高幹雄BOATRACE振興会会長とともに記念レリーフをお披露目、そのレプリカを贈られ、大きな拍手を浴びた。

ボートレース殿堂は<1>10年4月1日以降に現役を引退した元ボートレーサー、<2>ゴールデンレーサー受賞者またはボートレース振興会、関係団体による同等の表彰の受賞者、<3>SG、G1の優勝が合計50回以上、<4>現役期間を通じて品行方正を保ち、他のボートレーサーの規範となった、という厳しい認定基準4条件をすべて満たした者が殿堂入りを認められる。今村氏は7度のSG、G1は48度の優勝。人柄の良さやスマートなレースぶりで、栄えある第1号に認定された。今村氏は「第1号として認定され大変光栄に思います。また、現役レーサーにも一つの目標ができた」と喜びを話した。

引用元記事

船活OLが厳選!
実際に使える
競艇予想サイトランキングはコチラ